Bonjour Inc. President,Vaselines hair and more chef / ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表 福地正幸のブログ「F's anthology」

ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表「福地正幸」のブログ
Masayuki Fukuchi's BLOB (Bonjour Inc. CEO / Vaselines hair and more chef)

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Septembre,2012,Bruxelles, Belgique,5 | TOP | 最近よく売れている商品! >>

2012.12.04 Tuesday

Septembre,2012,Bruxelles, Belgique,6


Bonjour ! 





Grand-Place

グランプラス













ベルギーブリュッセルの中心地にある大広場。ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したことでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。1998年ユネスコ世界遺産に登録された。





グラン=プラスは美しい広場であるが、華やかな歴史ばかりに彩られていたわけではない。1523年プロテスタントの最初の殉教者たちであるヘンドリク・フォエス(Hendrik Voes)とヤン・ファン・エッセン(Jan van Essen)がこの地で火刑に処された。

大同盟戦争中の1695年8月13日に、当時木造だった広場の家屋はヴィルロワ元帥に率いられたフランス軍の砲撃によって大半が破壊された。市庁舎の塔は砲撃の的になったが、石でできた壁は放火による火災に耐えた。広場を囲む家々は様々なギルドによって石造りで再建された。このため、市庁舎以外のほとんどの建物は、この時以降のものである。








ブリュッセルを訪れる人は誰もが必ず一度は足を運ぶ大広場、グラン・プラス。ヴィクトール・ユーゴーが“世界で最も美しい広場”と、またジャン・コクトーが“豊饒なる劇場”と称賛したグラン・プラスは、ギルドハウスに囲まれた約110m×70mの方形広場だ。
17世紀以前に建てられた大部分の建物は木造建築であった。1695年、フランスのルイ14世の命令によるヴィルロワ将軍の砲撃で、市庁舎を除いたほとんどが破壊されてしまう。しかし各同業組合(ギルド)は、集会場として使用する目的で、驚くべき早さで現在の石造りの建物を再建してしまった。
この広場を訪れる多くの人は、あたりの壮麗さに圧倒され、記念写真を撮るだけで帰ってしまう。だが、せっかく遠くからやって来たのだから、タイムトンネルに入ったつもりで立ち止まって、丹念に歴史のひだの隅々まで観察してみよう。また、6月中旬から9月中旬までの夜には音と光のショーが行われ(22:00すぎ、約10分間の予定。日時などは要確認)、昼間とは違った美しさを見せてくれる。
















Maison des Brasseurs

ビール博物館







7世紀にビール醸造業者のギルドとして使われていた、「黄金の木」と呼ばれる建物の地下が博物館になっている。階段を下りると、そこは18世紀の醸造所。発酵用の桶など、ビールの醸造に使われる道具が置かれ、奥には映像を映し出すスクリーンがある。ただし、小規模なので、日本のビール工場見学のようなものを期待してはいけない。見学のあとは、博物館の片隅にしつらえられた酒場で、一杯のビールを飲みながらくつろごう。



















Manneken Pis


しょんべん小僧









“ブリュッセルの最長老市民”のキャッチフレーズで、世界的に有名な小便小僧は、別名“ジュリアン君Petit Julien”としても親しまれている。1619年、デュケノワJérôme Duquesnoyによって作られた。彼が作られた由来については、いろいろと説があるのだが、定説はない。そのひとつは、ブリュッセルを敵軍が包囲し、城壁を落とそうと火薬の導火線に火をつけたが、ブラバン公の王子がおしっこをかけて消し、味方を勝利に導いたというもの。裸の彫刻というのは、この像が作られた当時流行していたルネッサンス様式に従えば珍しくはなく、現在ほど注目されることはなかった。しかし、その後小便小僧は急速に町のマスコット的存在になり、ルイ15世の酔っ払い兵士が小便小僧を盗み出したとき、市民のデモが起こったほどだった。王は謝罪のために、小便小僧に豪華な金の刺繍入りの宮廷服を贈った。これが起源で、この愛らしい像に世界中から衣装が贈られ、現在世界一の衣装持ちでもある。






















ブリュッセルの食べ物横丁と呼ばれる「イロ・サクレ地区」には魚介類のレストランなど料理店が密集しています。中には観光客ねらいの悪徳な商売をしている店もあります。目安としてしつこい客引きをしている店はお勧めできません。当リスト中のレストランに関しては安心してお勧めできるレストランですが、その他のレストランに関しては、入店する前にメニューの値段など確認してから入ること。 オーダーもグラム単位の料金のものなどは法外に高い場合があるので要注意。






























大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック