Bonjour Inc. President,Vaselines hair and more chef / ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表 福地正幸のブログ「F's anthology」

ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表「福地正幸」のブログ
Masayuki Fukuchi's BLOB (Bonjour Inc. CEO / Vaselines hair and more chef)

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< music. | TOP | Book. >>

2011.09.13 Tuesday

MOVIE



・パーフェクト・ホスト−悪夢の晩餐会−











青年ジョンは、銀行強盗を犯して警察に追われ、ロサンゼルスをさまよっていた。逃げ場を失い隠れ家を物色し始めた“招かれざる客”ジョンが偶然狙いを定めたのは、ひょろっとした風貌の中年紳士ウォーウィック。強盗と暴行の前科を持つジョンにとっては、いかにも手玉にとりやすそうな人物だった。ウォーウィックは誰が見ても物腰が柔らかなナイスガイだった。高級住宅街の豪邸に住む彼は、気ままな独身生活を楽しみ、今夜も友人たちを招いてパーティを開くつもりだ。そんなとき災難に見舞われて助けを求めてきたジョンは見知らぬ青年だったが、冷たく門前払いにするわけにもいかない。なぜならウォーウィックは、つねに客人を温かくもてなす“完璧なホスト”だからだ。かくして数奇な出会いを果たしたジョンとウォーウィックのつかの間の友情は、もろくも崩れ去る。強盗犯だという秘密がばれたジョンが包丁をふりかざし、ウォーウィックに服従を迫ったのだ。ところが、この家の主人はそれ以上に恐るべき秘密を隠し持っていて……。






評判はけっこう悪かったみたいだけど、僕的には意外と面白かった。




狂人とか精神に異常があるとか、大丈夫な人には面白いかも。








・リミット













地中の箱に閉じ込められた男の脱出劇がほぼ全編暗闇の中で描かれる異色シチュエーション・スリラー。イラクでトラック運転手として働くアメリカ人ポールは、ある日突然何者かに襲撃され、気づくと地中深くに埋められた棺の中にいた。手元にあるのは携帯電話、ライター、ナイフ、ペン、酒、そして残り90分の酸素のみ。タイムリミットが迫るなか、ポールは必死に脱出を試みるが……。







この映画のほうが評判が良かったけど、僕はもうひとつ、、、、




映画って好みとか、その時の精神状態でかなり見方が変わるよね、、、





僕の好みはだいぶ変わってるみたいだけど、、、














大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://fukuchi.vaselines.jp/trackback/1303010

トラックバック