Bonjour Inc. President,Vaselines hair and more chef / ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表 福地正幸のブログ「F's anthology」

ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表「福地正幸」のブログ
Masayuki Fukuchi's BLOB (Bonjour Inc. CEO / Vaselines hair and more chef)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.02.07 Friday

Hair and Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6才のボクが、大人になるまで。』(6さいのボクがおとなになるまで、原題: Boyhood)は2014年アメリカ合衆国ドラマ映画である。監督・脚本はリチャード・リンクレイター、主演はパトリシア・アークエットイーサン・ホークエラー・コルトレーンローレライ・リンクレイター(リチャード・リンクレイターの実の娘)である。本作はメイソンとオリヴィアが離婚後に、息子であるメイソン・ジュニアを12年間(6歳から18歳まで)にわたって育てる中で、関係が変化していく様子を描写したものである[8][9]。本作の撮影は、コルトレーン演じるメイソン・ジュニアが子供から青年に成長していく姿を描くために、2002年の夏から2013年の10月まで12年間を通して断続的に行われた。

本作は第30回サンダンス映画祭で初めて公開され[10]、全米公開は2014年の後半期と決まった[2]。また、本作は第64回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出され[11]、リンクレイターが監督賞を受賞した[12]ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ドラマ部門)を受賞した。

本作はアメリカ公開時に批評家・観客の双方から絶賛された[13][14][15]

目次

両親が離婚している6才のメイソンJr.は、姉サマンサとともに、母親オリヴィアの故郷ヒューストンに引っ越すことになる。バンド活動にうつつを抜かす父親メイソン・シニアは、曲作りのためにアラスカ州に旅立ったものの、結局アメリカ本土に舞い戻り、定期的に子供達と会うようになる。

オリヴィアは職を得るために大学で心理学を学ぶが、そこで教授のウェルブロックと再婚し、教授の2人の連れ子と共に6人の生活が始まる。だがウェルブロックが酒を飲んで暴力をふるうのを見て、オリヴィアは子供2人と家を飛び出す。オリヴィアは大学の教職に就き、メイソン・シニアは恋人と再婚し、赤ん坊も生まれる。

メイソンJr.は思春期を通して、反抗期や失恋を経験し、やがて写真撮影に没頭するようになる。家を出て、大学の寮に入った日、メイソンJr.はルームメイトたちとビッグ・ベンドにハイキングに行く。

※括弧内は日本語吹替

家族
家族を取り巻く人々
  • シェーナ - ゾーイ・グラハム: メイソンの彼女
  • ジミー - チャーリー・セクストン: メイソン・シニアの友人、ルームメイト
  • キャロル - バーバラ・チザム: オリヴィアの友人
  • アビー - キャシディ・ジョンソン: キャロルの娘
  • メイソンの上司 - リチャード・ロビショー
  • テッド - スティーヴン・チェスター・プリンス: オリヴィアの彼氏
  • ミスター・ターリントン - トム・マクテイグ: メイソンの写真の先生
  • サマンサの彼氏 - ウィル・ハリス
  • サマンサのルームメイト - アンドレア・チェン
  • ダルトン - マクシミリアン・マクナマラ: メイソンのルームメイト
  • バーブ - テイラー・ウィーヴァー: ダルトンの彼女
  • ニコル - ジェシー・メクラー: バーブのルームメイト

2002年5月、監督・脚本を務めるリンクレイターが生まれ故郷のテキサス州オースティンでタイトル未定の映画を撮影すると発表した[8]。その時、リンクレイターは「子供が6歳から18歳になり、大学に進学して親元を離れるまでの12年間の親子関係を描き出したい。しかし、子供に起きる変化は多すぎて十分に語りつくせない。そこで、子供が経験するものすべてを盛り込むつもりで脚本を執筆した」と述べ[8]、毎年数週間ずつ撮影するつもりでキャストとスタッフを集めた。リンクレイターは当時7歳だったコルトレーンを本作の軸となる役であるメイソン・ジュニアに抜擢した[9][16]。コルトレーンは12年間にわたってメイソン・ジュニアを演じきった。

本作のキャストはカリフォルニア州デ・ハヴィランド法(7年以上にわたる仕事の契約を結ぶのは違法とする法律)のために契約書にサインすることができなかった。そのため、リンクレイターは出演者の一人であるイーサン・ホークに本作の撮影期間中に自分が死んだなら、自分の代わりに作品を仕上げるよう言った[17]

12年間の撮影に加えて、本作の脚本は主演4人が役を演じる中で書き上げられた[18]。このため、リンクレイターはあるシーンの脚本を撮影前夜に書き終えたこともあったと述べている[18]

本作のタイトルは2013年の夏まで決まらなかったが、リンクレイターは『12 Years』というタイトルにしようと思っていた。しかし、2013年に『それでも夜は明ける』(原題:12 Years a Slave)が公開された。本作が『それでも夜は明ける』と混同されるのを防ぐため、タイトルは『12 Years』以外のものにしなければならなくなった[18]。本作の北米市場における配給を行うIFCフィルムは20万ドルを製作費として出資した(『バラエティ』誌は本作の制作費を240万ドルと見積もっている)。製作費をIFCに出してもらったにもかかわらず、リンクレイターには、通常では考えられないほどの映画製作における裁量権があった。現に、IFCに撮影したものを見せたことは一度もなかった[18]

アメリカ映画協会 (MPAA) は本作をR指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)とした。しかし、IFCフィルムは青少年が本作を鑑賞するのに保護者を同伴する必要はないと考えており、自社の映画館では保護者を同伴させていない青少年の入場を許可している[19]

  • 本作は非常に高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには267件のレビューがあり、批評家支持率は98 %、平均点は10点満点で9.2点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「映画技術史上の金字塔的作品でありながら、本作で語られる内容は非常に密度の濃いものとなっている。本作は人間性というものに対しての非常に広い範囲にわたる探求である」となっている[25]。また、Metacriticには46件のレビューがあり、加重平均値は100/100と非常に高いものになっている[26]。本作はMetacriticで100点満点を記録した数少ない映画となっている。また、100点満点を獲得した映画の中でも、最も評価者が多い[27]
  • 本作に唯一否定的な評価を下した『レッドアイ』のマッド・パイスは本作に対し4つ星評価で2つ星半を与え、「本作を見て自分の人生と本作の似ている点を重ねるのはたやすいことだ。しかし、それで十分というわけではない。本作は観客に深く考えさせるべきものであるのだが、十分に考えさせることができていない」と述べた[31]
  • 2016年のイギリスBBC主催の投票では、世界の177人の批評家が「21世紀の偉大な映画ベスト100」の第5位に選出した[39]

2015年2月23日WOWOW生放送された「第87回アカデミー賞授賞式」で、ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞経験のある寺島しのぶが、当作のオチについて堂々とネタバレを話し、大顰蹙を買う騒ぎがあった[40]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2020.02.06 Thursday

Hair and Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディ・バード』(Lady Bird)は、2017年アメリカ合衆国で公開された青春映画である。監督はグレタ・ガーウィグ、主演はシアーシャ・ローナンが務めた。

本作は2017年に公開された映画の中でも際だって高い評価を得ており、映画批評集積サイトのRotten Tomatoesで批評家支持率100%を記録していた希有な作品となった[4]。レビュー数が150件を超えてもなお100%を維持している作品は『マン・オン・ワイヤー』(2008年)以来であった[5]。しかし、同年12月10日、196番目のレビューがRotten評価を下したため、支持率は99%になっている[6]

目次

2002年大学見学から帰る途中のレディ・バードは、母の運転する車の助手席から飛び降りる。レディ・バードがニューヨーク(「文化のある都会」)の大学に進むことを望んでいたのに対し、母はサクラメント市立大学など州内の大学への入学を求め、口論になったのだ。背景には、カリフォルニア大学バークレー校を卒業しながら就職できない兄(養子)のミゲルと、うつ病にかかり仕事が不安定な父を、精神科医の母が支えている家庭の経済状況があった。

レディ・バードはサクラメントカトリック系の高校の生徒である。右腕を骨折したレディ・バードは、「Fuck mum」と書き込んだギブスをはめて通学していた。シスター(修道女)の勧めで参加した校内ミュージカルのオーディションで、舞台に立つダニーに惹かれたレディ・バードは、自室のベッドに彼の名前を書き込む。ダニーの相手役が親友のジュリー(ジュリアン)に決まり落胆するが、稽古を重ねるうちにダニーと親密になっていく。レディ・バードの家を訪れたダニーは彼女の両親にも好印象を与えるが、ダニーの言葉から娘が自分たちの家を「線路向こう(スラム)」にあると話していたことを知った母は不快感を覚える。

感謝祭の日、ダニーの家に招かれたレディ・バードは、彼の家が以前から憧れていた家であることを知り、ダニーと結ばれる将来を夢見る。しかし公演を終えた夜、打ち上げで入った店の女子トイレが混んでいたため男子トイレに入ったレディ・バードは、ダニーが男性とキスをしているところを目撃してしまう。あくる日、レディ・バードはアルバイトをしている喫茶店で、オープンテラスで本を読んでいる男性客に声をかけた。彼が以前ジュリーに連れられてギグを見に行ったミュージシャンであることに気づいたのだ。言葉を交わした彼、カイルに好感をもったレディ・バードは、ベッドに書いたダニーの名前を消し、カイルの名前を書き込んだ。

朝の教室でジェンナが自らの性体験を語り、レディ・バードを含む同級生は耳を傾けていた。そこにシスターが抜き打ちの服装検査にやってきて、スカートの丈を短くしていたジェンナは叱責を受ける。レディ・バードはジェンナの仕返しとしてシスターの車にいたずらをしかけ、これを機にジェンナと親しくなる。一方、ダニーと距離をおくために稽古に行くのをやめ、ジェンナと過ごす時間の増えたレディ・バードから、ジュリーは離れていった。或る日、ダニーはコーヒーショップに来店したが、店員としてそこにいたレディ・バードを見て飛び出していく。店の勝手口から出たレディ・バードと対面したダニーは、自らが同性愛者であることを家族に言えない苦悩を伝えた。レディ・バードはそんなダニーを慰めた。

カイルはレディ・バードたちと同じ高校の生徒で、ジェンナの親しい遊び仲間だった。親しくなったレディ・バードとカイルは、ジェンナの家で開かれたパーティでセックスをする。レディ・バードは、カイルが「初めてなんだ」と言ったことからお互いに初体験だと思っていたが、関係を重ねた後になってカイルが童貞ではなかったことを知り傷つく。別の日、ジェンナはレディ・バードが話した住所に基づいて彼女の家を訪れるが、レディ・バードが伝えていたのはダニーの家の住所だった。レディ・バードの家を訪れたジェンナは、彼女を嘘つきと強く責めるが、カイルの恋人だからと関係を断ち切ることはしない。レディ・バードはカイルとプロムに出ることを望み、ジェンナや男友達と共に出かけたが、彼らは揃ってプロムに出ないと言い出す。レディ・バードも一度はそれに応じるが、思い直してジュリーの家まで送ってもらい、落ち込んでいたジュリーとプロムに参加する。

高校卒業後カリフォルニア大学デービス校への進学が決まっていたレディ・バードだが、父の助けを得ながら母に内緒で受験し、補欠合格していたニューヨークの大学から入学許可が届く。レストランでレディ・バードと家族が彼女の大学入学と兄の就職を祝って会食していたところ、ダニーが偶然やってきて、ニューヨークへの進学を漏らしてしまう。怒った母が口を聞いてくれなくなり、レディ・バードは悲しむ。レディ・バードがニューヨークへ発つ日、父は搭乗口まで見送る一方、母は運転する車から降りずに目を合わせようともしない。しかし、母も内心では娘と離れる悲しみに耐え続けていた。娘の乗る飛行機が飛び立つのを車内から見あげた母は涙を流し、合流した父に抱きかかえられた。

ニューヨークに着いたレディ・バードが荷ほどきをしていたところ、くしゃくしゃになった手紙が出てきた。それは、母が夜な夜な書いては捨てていた手紙を、父が拾って娘の鞄に忍ばせたものだった。レディ・バードは手紙を読み、母の思いを知った。大学新入生の飲み会で男子学生に声をかけられた彼女は、レディ・バードではなく本名のクリスティンと名乗る。クリスティンは男子学生の部屋でベッドを共にしようとするが、行為を始める前に激しく嘔吐し、救急車で運ばれる。原因はアルコールの過剰摂取だった。翌朝、日曜日に退院したクリスティンはその足で教会に向かい、合唱団の賛美歌を聞く。父に電話をかけ、留守番電話に両親、ことに母への感謝と、自ら運転する車でサクラメントの街を走ったときの思いを吹き込んだ。

※括弧内は日本語吹替

主人公のニックネームであるレディ・バードはレディ・バード・ジョンソン(第36代アメリカ合衆国大統領、リンドン・ジョンソンの妻)に由来するものではない。ガーウィグは「(レディ・バードというニックネームが)どこから湧いてきたのか自分でも分からない」と述べつつも、マザー・グースの童謡の「lady bird, lady bird, fly away home」という歌詞が無意識のうちに頭の中に浮かんだのではないかと推測している[7]

グレタ・ガーウィグは本作の脚本を執筆するのに丸一年を費やした。出来上がった脚本は350頁を超える長さのもので、『Mothers and Daughters』というタイトルが付けられた[8]。本作はガーウィグの自伝的映画でもあるが、ガーウィグ本人は「映画で起きたような出来事は私の人生で起きたことをそのまま表現しているわけではありません。しかし、映画の核心となる部分には、私が経験したことと重なる部分があります。」と語っている[8]。ガーウィグは俳優たちやスタッフたちに自身の高校時代の日記や写真、ジョーン・ディディオンのエッセイの引用を資料として配付し、彼/彼女らを故郷の町へと連れて行った[9][10]。ガーウィグは撮影監督のサム・レヴィに「思い出のような映画にしたい」「『大人は判ってくれない』や『6才のボクが、大人になるまで。』の女性版になる作品にしたい」と語ったのだという[11][12]

2015年9月、『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のプロモーションのために、ガーウィグはトロント国際映画祭の会場を訪れていた。そこで、彼女はシアーシャ・ローナンに出会った。ガーウィグはホテルの1室でローナンと脚本の読み合わせをした。2ページ目を読んでいる最中、ガーウィグは「ローナンこそレディ・バードを演じるのに相応しい女優だ」と確信したのだという[13]2016年1月、ローナンの起用が正式に決まった[14]

脚本を執筆している段階から、ガーウィグはルーカス・ヘッジズを起用することを念頭に置いていた。脚本を読んだヘッジズがダニー役での出演を所望したため、その通りにキャスティングされた[15][16]。また、主人公の母親役にローリー・メトカーフが起用されたのは、彼女が出演している舞台を見たガーウィグが大いに感動したためであった[17]

2016年9月7日、ジョン・カルナが本作に出演することになったとの報道があった[18]。15日、ジョーダン・ロドリゲスが起用されたと報じられた[19]

当初の予定では、本作の主要撮影は2016年3月に開始されることになっていたが、ローナンの舞台出演と重なったため、撮影開始は8月に延期されることとなった[20]。本作の主要撮影は2016年8月20日にサクラメントで始まった。なお、ロサンゼルスニューヨークでのロケも行われた[21]

ローナンはレディ・バードを演じるために髪を赤色に染めたが、顔にある面皰を敢えて隠さないことにした。ローナンは「(面皰を隠さないことで)映画におけるティーンエイジャーの顔が実際のティーンエイジャーたちの顔に近付く良いきっかけになると思ったのです。」と語っている[22]

撮影を行うに当たって、ガーウィグはレベッカ・ミラーから学んだテクニックを大いに活用した。それは予定時間の1時間前に現場に赴き、その日に何が行われるのかを正確に把握することで、スタッフたちを過度に緊張させないようにするというものであった。また、ガーウィグはセット内でのスマートフォンの使用を禁止したが、これはノア・バームバックから学んだ手法であった[23]

2017年7月、A24が本作の全世界配給権を購入したとの報道があった[24]。9月1日、本作はテルライド映画祭でプレミア上映された[25]。8日には第42回トロント国際映画祭のスペシャル・プレゼンテーションでの撮影が行われた[26]。11日、フォーカス・フィーチャーズが北米以外での本作の配給権を購入したと発表した[27]。10月8日にはニューヨーク映画祭での上映が行われた[28]

2017年11月3日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に36万4437ドル(1館当たり9万1109ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場26位となった[29]。1館当たりの数字は2017年に限定公開された作品の中でも2位となる数字であり[30]、女性監督の作品としてはアメリカ映画史上最高の数字である[31][32]。公開3週目には上映館238館でありながら、週末に251万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング8位となった[33]

トロント国際映画祭で上映された際にはスタンディングオベーションが発生した[34]

本作は批評家から絶賛されているが、特にローナンとメトカーフの演技及びガーウィグの演出には惜しみない賛辞が寄せられている[35][36]。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには169件のレビューがあり、批評家支持率は99%、平均点は10点満点で8.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『レディ・バード』は青年期に生じる葛藤に瑞々しい洞察を加えている。この作品で映画監督・脚本家としてデビューを果たしたグレタ・ガーウィグには、映画製作の才能が十二分に備わっていると分かる。」となっている[37]。また、Metacriticには44件のレビューがあり、加重平均値は94/100となっている[38]

ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは本作を「映画館で上映される作品としては完璧だ」「特に出来が良い脚本であり、言葉遊びや生き生きとした会話が満ちあふれている。全ての台詞が現実の世界の人間が発するであろう言葉に聞こえる。それは『レディ・バード』での俳優たちの演技が実に素晴らしいことを意味している。」と絶賛している[39]。『ハリウッド・レポーター』のトッド・マッカーシーは「この作品は小品かもしれないが、野心的な作品である。」「目論見通り、観客を楽しませる痛快な作品に仕上がっている。」と称賛している。また、マッカーシーはローナンの演技を絶賛しており、「いつでもより良くあり続けようとしていると思う」と述べている[35]

本作に唯一否定的なレビューを投稿したコール・スミシーはB-評価(本来ならばRottenには値しない評価)を下した上で「この作品は完璧な映画からはほど遠い。」「グレタ・ガーウィグの名前から、同作がマンブルコア運動の影響で変な作品になったと予想されるだろうが、そういうわけではない。」と評している[40]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2020.02.06 Thursday

Hair and Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリッジ・ストーリー』(Marriage Story)は、2019年合作のコメディドラマ映画。監督はノア・バームバック。主演はアダム・ドライヴァースカーレット・ヨハンソン。共演はアラン・アルダローラ・ダーンレイ・リオッタら。

目次

舞台演出家の夫と俳優の妻は、すれ違いから離婚の準備をしていた。2人は円満な協議離婚を望んだが、これまでのお互いに対する不満が噴出しこじれ、離婚弁護士を雇った裁判になってしまう。

※括弧内は日本語吹き替え

女優[4]
ニコールの夫。監督兼脚本家。

2017年11月、スカーレット・ヨハンソンアダム・ドライヴァーローラ・ダーンメリット・ウェヴァー、アジー・ロバートソンが映画のキャストに加わり、ノア・バームバックが監督と脚本を務めるプロジェクトの製作が発表された。製作はデヴィッド・ハイマンヘイデイ・フィルムズNetflixが共同で務め、配給はNetflixが兼任した[5][6][7]。2018年3月、カイル・ボーンハイマーがキャストに加わった[8]

2018年6月、レイ・リオッタがキャストに加わった[9]。リオッタは出演に際して、キャラクターの詳細をこう語った。

2018年11月、ジュリー・ハガティがキャストに加わった[10]。2019年7月、本作のタイトルが『Marriage Story』に決定したと発表された[11]

主要な撮影は、2018年1月15日からニューヨークロサンゼルスで始まり、2018年4月に終了した[12]

本作は、2019年8月29日に開催される第76回ヴェネツィア国際映画祭で世界初上映された[13]。また、2019年9月8日の第44回トロント国際映画祭でも上映され[14]、2019年10月4日のニューヨーク映画祭でも上映された[15]。2019年12月6日、Netflixで全世界に配信された。

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2020.02.06 Thursday

Hair and Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランシス・ハ』(Frances Ha)は、ノア・バームバック監督による2012年のアメリカ合衆国の映画。

目次

ニューヨークに暮らすフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、プロのダンサーを目指している。彼女と同居していた親友のソフィー(ミッキー・サムナー)は、パッチ(パトリック・ヒューシンガー)との婚約を機に、フランシスを置いて引っ越して行く。残されたフランシスは、故郷のサクラメントで両親と過ごすクリスマス、パリへの短期旅行を経て、ニューヨークに戻ってくる。自分の人生と向き合った彼女は、振付師として、人生の新たな一歩を踏み出す。

2012年9月1日、テルライド映画祭でプレミア上映された[1]

グレタ・ガーウィグは本作で第71回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞にノミネートされた[2]

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2020.02.06 Thursday

Hair and Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』(マギーズプランしあわせのあとしまつ、Maggie's Plan)は2015年アメリカ合衆国で公開されたロマンティック・コメディ映画である。監督はレベッカ・ミラー、主演はグレタ・ガーウィグが務めた。

目次

マギー・ハーデンはアート関係の仕事に携わりつつ、大学でデザインを学んでいた。あるとき、彼女は子供が欲しいと思うようになり、旧知のガイ・チャイルダーズから精子の提供を受けた。

大学で、マギーは文化人類学者のジョン・ハーディングと知り合いになった。彼はコロンビア大学で教鞭を執るジョーゼットと結婚していたが、全てを研究に捧げる妻に嫌気がさしていた。その後、2人は大学でよく顔を合わせる関係になり、ジョンはマギーに「私は小説を書き進めているのです」という秘密を明かした。ジョンの小説を読み始めるようになったマギーは、それ以来、彼と小説の話をするようになった。

マギーがチャイルダーズの精子を注入しようとした矢先、ドアのベルが鳴った。マギーがドアを開けると、そこにはジョンが立っていた。ジョンは彼女に「君に惹かれているんだ。子供の父親になりたい」と告白した。

それから3年後、マギーとジョンは結婚し、娘のリリーとジョンの連れ子2人と共に幸せな生活を送っていた。しかし、マギーは自分の仕事を後回しにして子供3人の世話と夫のサポートに明け暮れている現状に不満を抱いていた。ある日、リリーと散歩に出かけたマギーは、チャイルダーズにばったり会った。リリーの顔を見たチャイルダーズは彼女を自分の娘だと勘違いした。リリーがジョンの娘だと知ったチャイルダーズは複雑な気分になった。

そんなある日、ジョーゼットがまだジョンを愛していると痛感したマギーは、魅力を失いつつある夫をジョーゼットに返す算段を整え始めた。

2014年1月9日、レベッカ・ミラーの新作映画でグレタ・ガーウィグが主演を務めることになったとの報道があった[3]。15日、ジュリアン・ムーアが本作に出演すると報じられた[4]。5月1日、クライヴ・オーウェンが本作に出演することになったとの報道があったが、本作の劇場公開版に彼が出演したシーンはなかった[5]2015年2月2日、トラヴィス・フィメルの出演が決まった[6]。3日、イーサン・ホーク、ビル・ヘイダー、マーヤ・ルドルフの出演が決まったと報じられた[7]。23日、本作の主要撮影がニューヨークで始まった[7]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2017.02.23 Thursday

T2: TRAINSPOTTING 2 Trailer (2017) Danny Boyle Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T2: TRAINSPOTTING 2 Trailer (2017) Danny Boyle Movie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2016.06.10 Friday

The Myth Of Orpheus and Eurydice, Part Two: The Bliss | Vogue









The Myth Of Orpheus and Eurydice, Part Two: The Bliss | Vogue














パート2 


すばらしい!









#グッチ

#アレッサンドロ ミケーレ



























 

大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2015.07.29 Wednesday

House of Cards 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』









セブン』『ソーシャル・ネットワーク』など多くの大ヒット映画を手掛けたハリウッド屈指のヒットメーカー、デヴィッド・フィンチャー監督が初めて連続ドラマシリーズをプロデュース。主演に『セブン』のケヴィン・スペイシーを迎え、総製作費100億円をつぎ込み製作された超大作『ハウス・オブ・カード 野望の階段』。
全米では2013年2月にインターネット配信サービス「ネットフリックス」で一挙配信されるや、たちまち大評判となり、ネットドラマとして初めてエミー賞3部門を受賞した。
大統領選への貢献で手にするはずだった国務長官の座を反故にされたベテラン議員フランシス・アンダーウッド。怒りと失意が、彼を新たなる政治のパワーゲームへと駆り立てる。選挙やマスコミ、若手議員のスキャンダルなど、あらゆる駒を使って知的な復讐を繰り広げるダークヒーローがここに誕生する。
























新大統領誕生に沸くワシントン。
その立役者フランシス(スペイシー)は、大統領選に尽力した見返りとして国務長官の地位を約束されていたが、新政権発足と共に白紙に戻されてしまう。
突然の裏切りに怒り心頭のフランシスは、妻クレア(ライト)の後押しもあり、大統領を失墜させるべく謀略を企てる。
信頼を置く腹心のダグ(ケリー)、野心的な女性記者ゾーイ(マーラ)、さらにはスキャンダルまみれの若手議員ピーター(ストール)らを巻き込んで、フランシスは新たな野望への階段を上り始める。

























 

大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2015.07.29 Wednesday

About Time アバウトタイム








































イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。
どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。
ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!

なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択——。



























 

大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2015.06.30 Tuesday

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い, Extremely Loud & Incredibly Close




ものすごくうるさくて、ありえないほど近い, Extremely Loud & Incredibly Close









































 

宝石店を営むトーマスは、アスペルガー症候群を抱える11歳の息子のオスカーと一緒に「調査探検」という遊びをやり、オスカーに人と関わることを経験させていた。ある日、今まで以上に大規模な調査探検として、ニューヨークに幻の第6区があったとオスカーに話し、オスカーは手がかりの捜索を始めた。

しかし、トーマスをアメリカ同時多発テロ事件により失い、ショックを受けたオスカーは調査探検を中断する。父の死から1年後、オスカーはクローゼットで父が遺した鍵を見つけ、その秘密を探るべく、母のリンダと衝突しながらも、鍵が入っていた封筒に書かれた「ブラック」という人物を探すため、ニューヨーク5区をまたぐ調査探検を再開した。はじめにアビー・ブラックという女性を訪ねるが、手がかりを得ることはできなかった。その後、何人ものブラックという人物を訪ねて回ったが、一向に進展しない。

そのことで度々パニックに陥るオスカーだが、発声障害を抱える間借り人と知り合う。彼は過去の出来事を深く語らないが、オスカーの話を聞き、彼も探検に加わることになった。2人で更に捜索を続けるが、鍵穴を見つけることはできなかった。オスカーは、間借り人と一緒に探検をしているうちに、彼の仕草が父と似ていることに気づき、祖父であると確信する。間借り人に、父の最期の電話記録を聞かせるオスカーだったが、彼はオスカーの元を去ってしまう。






 
























ずっとオススメされていたけど、やっと見れました。

想像以上の素晴らしい映画でした。

いままでサンドラブロックあんまりだったけど、

ちょっと好きになりました。



















 

大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。