Bonjour Inc. President,Vaselines hair and more chef / ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表 福地正幸のブログ「F's anthology」

ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表「福地正幸」のブログ
Masayuki Fukuchi's BLOB (Bonjour Inc. CEO / Vaselines hair and more chef)

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.08.21 Wednesday

AFTER MANY A SUMMER

 
夏幾度も巡り来て後に

オルダス・ハクスリー



AFTER MANY A SUMMER

Aldous Huxley









大富豪の男が抱いた不老不死の夢を巡る、奇怪にして悪夢的な物語。
ハックスレーの比類ない機知と縦横の才気が、すべての哲学の究極に迫る!

オールダス・ハックスレーの仕事で最も有名なのは、ディストピア小説『すばらしい新世界』である。この小説の中では、人々は知能ごとに各階級に振り分けられ(しかも、その知能レベルまでも、誕生からあらかじめ政府に決められている! )極度に管理された社会の中で常に幸せでいることを強制される。何かが上手くいかなくて憂鬱を感じた時は、政府から支給される薬『ソーマ』を飲めばたちまち元気になり、幸福感を取り戻すことができる。孤独や苦しみなどの激しい感情は絶対悪とされ、家族や恋人のように感情を激しく揺さぶる存在は排除されている。現代も色褪せないこの風刺小説で、ハックスレーは西洋社会の文明主義に警鐘を鳴らした。
しかし、『すばらしい新世界』はあくまでもハックスレーの一面でしかない。彼は多くの著名な学者を輩出した有名なハックスレー家の一員であり、自身も学者を志していたが眼の病気を患って断念。作家に転向した後は小説、旅行記、エッセイを発表し、さらに神秘主義に傾倒し、メスカリンの体験を記した『知覚の扉』によって黎明期のサイケデリック・ムーヴメントに強い影響を与えた。彼は小説家というだけではなく、哲学者であり思想家なのである。
この『夏幾度も巡り来て後に』はただの小説ではなく、ハックスレーの思想家としての側面が強く出ている作品だ。構造のみを乱暴に例えるならば、サドの諸作に近いものがある(作者もそれを意識しての事か、単純に善悪を論じる作品として引用したのか、作中で『ソドムの百二十日』に触れる描写がある)。不老不死を追い求める大富豪の老人と、その周りの人々が起こすシニカルな悲喜劇が、古書研究のために老人に雇われた主人公の学者の目を通して描かれる。その「物語」は研ぎ澄まされた筆致によって魅力的に描かれてはいるのだが、その端々にはハックスレーの神秘主義の萌芽が顔をのぞかせる。この小説に登場するプロプターなる学者、この男が曲者で、ことあるごとに深遠で現実離れした哲学を説いては他のキャラクターと読者を惑わせる。この哲学を要約するのは非常に難しいが、簡単に言ってしまえば「人間の行動は全てが悪である」「善なるものは、時間を超越した無窮なる場所にしかない」という考え方である。もっとも、この哲学は両手を上げて受け入れられるわけではなく、主人公の学者はプロクターに毎回やりこめられてしまうこと、プロクターの哲学に割かれる頁の多さを考えれば、プロクターは作者の化身であり、作者の主張がプロクターの口を借りて話されていることは明白である。
この本は小説家ハックスレーと思想家ハックスレーを結ぶ線上に存在する。21世紀を迎えた今、難解で広大なハックスレーの哲学に触れ、この多面的な作家に今一度思いを馳せるのも刺激的な読書となるだろう。










The action revolves around a few characters brought together by a Hollywood millionaire, Jo Stoyte. Each character represents a different attitude toward life. Stoyte, in his sixties and conscious of his mortality, finds himself in deep contemplation of life. Enlightenment eludes him, though, as he is ruled by his fears and cravings. Stoyte hires Dr Obispo and his assistant Peter to research the secrets to long life in carp, crocodiles, and parrots. Jeremy Pordage, an English archivist and literature expert, is brought in to archive a rare collection of books. Pordage's presence highlights Stoyte's shallow attitude toward the precious works of art that he affords himself. Other characters are Virginia, Stoyte's young mistress; and Mr Propter, a professor who lives on a neighboring estate. Mr Propter believes:

... every individual is called on to display not only unsleeping good will but also unsleeping intelligence. And this is not all. For, if individuality is not absolute, if personalities are illusory figments of a self-will disastrously blind to the reality of a more-than-personal consciousness, of which it is the limitation and denial, then all of every human being's efforts must be directed, in the last resort, to the actualization of that more-than-personal consciousness. So that even intelligence is not sufficient as an adjunct to good will; there must also be the recollection which seeks to transform and transcend intelligence.

This is essentially Huxley's own position. Though other characters achieve conventional success, even happiness, only Mr Propter does so without upsetting anyone or creating evil.

Dr Obispo places great faith in science and medicine as saviours of humankind. He sees everyone as a stepping stone to science, the greater good, and thus only derives happiness at others' expense. According to Propter's philosophy, he is trapped in ego-based "human" behaviour that prevents him from reaching enlightenment. Obispo seduces Virginia in a characteristically egotistical way. She is unable to resist him despite her loyalty to Stoyte. When she is found out by Stoyte, he wants to kill Obispo but accidentally kills Peter (whose thoughts and morals had slowly started to expand under Propter's tutelage) instead. Obispo covers up the act for money and continued research support. This takes him, along with Virginia and Stoyte, to Europe, where they find an immortal human, the Fifth Earl of Gonister, still alive at 200, who now resembles an ape. Stoyte cannot grasp that transcendence or goodness should be one's ultimate goal, rather than prevention of death, and expresses his wish to undergo treatment so that he too will live forever.














トム・フォードが監督した映画「A Single Man、(シングルマン)」でジョージが課題図書として学生に読ませている本です。








大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2013.04.12 Friday

Mystery,ミステリー

読書の季節、春到来です。 

花粉症やその他のアレルギーでマスクもしたくないし、なかなか外出気分にならない今日この頃。 

そんなときミステリーなんかいかがでしょうか? 

 すこし王道過ぎるかもしれませんが、、、

海外ミステリ本



 



The Serialist 

 David Gordon 



 二流小説家 

 デイヴィッド・ゴードン 



A DARK AND STYLISH PAGE-TURNER FROM A BOLD NEW VOICE IN FICTION

Harry Bloch is a struggling writer who pumps out pulpy serial novels―from vampire books to detective stories―under various pseudonyms. But his life begins to imitate his fiction when he agrees to ghostwrite the memoir of Darian Clay, New York City’s infamous Photo Killer. Soon, three young women turn up dead, each one murdered in the Photo Killer’s gruesome signature style, and Harry must play detective in a real-life murder plot as he struggles to avoid becoming the killer’s next victim.



 残忍な手口で四人の女性を殺害したとして死刑判決を受けたダリアン・クレイから、しがない小説家のハリーに手紙が届く。死刑執行を目前にしたダリアンが事件の全貌を語る本の執筆を依頼してきたのだ。世間を震撼させた殺人鬼の告白本! ベストセラー間違いなし! だが刑務所に面会に赴いたハリーは思いもかけぬ条件を突きつけられる…… 『ミステリが読みたい!』をはじめ三大ベストテンの第一位を完全制覇した超話題作









   



 Ten Little Niggers / And Then There Were None 

 Agatha Christie 



 そして誰もいなくなった 


 アガサ・クリスティ 



The Queen of Mystery has come to Harper Collins! Agatha Christie, the acknowledged mistress of suspense―creator of indomitable sleuth Miss Marple, meticulous Belgian detective Hercule Poirot, and so many other unforgettable characters―brings her entire oeuvre of ingenious whodunits, locked room mysteries, and perplexing puzzles to Harper Paperbacks…including And Then There Were None, the world’s bestselling mystery, in which ten strangers, each with a dark secret, are lured to a mansion on an uninhabited island and killed off one by one.





 イギリスで新聞連載、アメリカで雑誌連載の後、1939年11月6日にイギリスのコリンズ社「クライム・クラブ」より "Ten Little Niggers"、翌年1月にアメリカのドッド、ミード社「レッド・バッジ・ミステリー」より "And Then There Were None" として刊行された。 孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというクローズド・サークルの代表的作品であるとともに、「童謡殺人」(見立て殺人)の代表的作品でもある。全世界で1億部以上を売り上げ、その評価はクリスティ作品中でも特に高く代表作に挙げられる。作者自身により戯曲化されており、何度も舞台や映画、テレビドラマとして上演されている。中でもルネ・クレール監督の1945年の映画はよく知られている。












 


Phantom Lady 

 William Irish 


 幻の女 


 ウイリアム・アイリッシュ


Phantom lady, I was with you for six hours last night, but I can't remember what you look like, or what you wore -- except for that large orange hat.

We sat shoulder to shoulder at a little bar in the east Fifties. We ate dinner together, saw a Broadway show together, shared a cab together.

The bartender, the waiter, the usher, the cab driver -- none of them remembers you. The police say I was home strangling my wife at the moment I met you.

You are the only one who can prove my story -- but I don't know your name, or where you live. And I can't search for you from a jail cell....



 夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった……ただ一人町をさまよっていた男は、奇妙な帽子をかぶった女に出会った。彼は気晴らしにその女を誘ってレストランで食事をし、カジノ座へ行き、酒を飲んで別れた。そして帰ってみると、けんか別れをして家に残してきた妻が、彼のネクタイで絞殺されていた! 刻々と迫る死刑執行の日。唯一の証人「幻の女」はどこに? サスペンスの詩人の、不滅の名作。










 




The Tragedy of Y 


 Ellery Queen 


 Yの悲劇 


 エラリー・クイーン 



Some bizarre things have been happening to the eccentric Hatter family. First, the body of York Hatter is recovered from the ocean. But he didn’t drown. He died of poison. Next, another poisoning occurs in the Hatters’ old mansion in New York’s Greenwich Village. This time the police have a witness. But what a witness! She is a blind, deaf mute. Naturally the authorities call in Drury Lane―retired Shakespearean actor. Matinee idol. Master of disguise. Amateur sleuth who finds “crime the highest refinement of human drama”. Ellery Queen’s most flamboyant detective.


 家族皆が変人奇人で有名なハッター家で起こった毒殺未遂事件。しかし、それはその後の殺人劇の前奏曲に過ぎなかった。元舞台俳優の名探偵ドルリー・レーンが、この謎に挑む。















   



 The Murder of Roger Ackroyd 



 Agatha Christie 


 アクロイド殺し 


 アガサ・クリスティー 



Agatha Christie's most audacious crime mystery, reissued with a striking new cover designed to appeal to the latest generation of Agatha Christie fans and book lovers. Roger Ackroyd knew too much. He knew that the woman he loved had poisoned her brutal first husband. He suspected also that someone had been blackmailing her. Now, tragically, came the news that she had taken her own life with a drug overdose. But the evening post brought Roger one last fatal scrap of information. Unfortunately, before he could finish the letter, he was stabbed to death...




アガサ・クリスティによって1926年に発表された長編推理小説である。クリスティ6作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの3作目にあたる。 その作品内容はフェア・アンフェア論争を引き起こすこととなったが、現在でも推理小説史上に残る名著として、クリスティの代表作の1つに挙げられている。 なお、本作に登場するキャロライン・シェパードは、のちのミス・マープルの原型であるとクリスティ自身が表明している。
































大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2013.01.09 Wednesday

bonne année !

bonjour !











本年も宜しくお願いします!!!










新年のおすすめ本です。

Recommend Books.








MONOCLE







英国発のライフスタイル・マガジン『WALLPAPER』を手掛けたタイラー・ビュリレ氏が創刊した総合情報雑誌。

世界を舞台に活躍するビジネスマンや企業家へ向けて、独自の視点で国際情勢、ビジネス、カルチャー、デザインの最新情報を発信する。知的で洗練されたスタイルと独創的なコンテンツにこだわり、ビジュアル重視の編集内容をウェブと連動させることで、さらに掘り下げて展開する。総合メディアを追求した、斬新なジャーナリズム・デザイン誌。


http://monocle.com/







 










apartamento




既存の装飾華美なインテリア誌とは全く違うアプローチで人気のApartamento の記念すべき10 号目!世界の様々な国のクリエーターの居住空間を紹介しインテリアを通して彼らのライフスタイルを紹介しています。

知られざるNY のデザイン・グル、ジム・ウォルロッド。マーク・ゴンザレスから譲り受けたというチャイナタウンのアパートは、なんと金物屋店内を通り抜けないと辿り着けない不思議物件。古き良きNY の混沌と洗練がひっそり同居する部屋を訪ねます。

80 年代、バルセロナの家庭には彼女の本が必ず一冊はあった、と言われるドローイング作家オーロラ・アルティセント。繊細な線で緻密に描かれるバルセロナの風景(一つのドローイングに4-12 週間かかるそう)は、引き込まれるような魅力にみちています。

ハイ&ロウカルチャーをごちゃまぜにして今までにない価値観を生み出すウェブマガジンDIS。編集者であるデイヴィッド&ソロモンの部屋。彼らの奇抜なインテリアやファッション。逆三角形の本棚(「ゲイプライドさ、本は上手く収まらないけどね」)、ニューバランスのスパッツにアップルのシャツ…新世代の編集文化の担い手のどこかコミカルな暮らしを。

印刷業界の度肝を抜かせた巨大本『RGB Colorspace Atlas』の作者としてもおなじみのタウバ・アワーバッハ。オプ・アートの新次元を模索する彼女の部屋は、幾何学的でスペーシー。おおらかな人柄を反映させた暖かみも。

その他、エレン・フライスやアイ・ウェイウェイのエッセイなども。ガラクタや自由なウォールペイント、そして手頃なアンティーク等をセンスよく配置した部屋たちがいっぱい。上手く日々の暮らしに気負いなく取り入れることができそうなアイディアが詰まっています。



http://www.apartamentomagazine.com/current.php











the new order







英語圏の若者を中心に圧倒的な支持を得るウェブサイト「SLAMXHYPE(
www.slamxhype.com)」の設立者、Adam Bryce,James Oliverのディレクションによりアート、ファッション、ミュージック、フィルムなど、世界の若者達に影響を与え続けるブランド/人に焦点をあてた「THE NEW ORDER」が2009年3月より創刊され、季刊誌として年4回のサイクルで発売される。コントリビューターは日本、イギリス、アメリカ、オーストラリアをはじめ、世界中からSLAMXHYPEのコネクションにより集められた、グローバルな一冊になっている。










パリが呼んでいる





当店大人気のパリを題材にしたマンガの最新刊。

じゃんぽ〜る西・男目線のパリ第3弾!!!

「どんなに花の都だろうと、どんなに素敵だろうと、この人の目に映るパリは徹底的に等身大」「中2の一人旅で訪れた時から解けなかったこの街へのトラウマが、この本でいっぺんに吹き飛びました」 byヤマザキマリ

第3弾で明かされるパリは……
・パトちゃんが絶賛する日本文化「ゼンタイ」とは?
・パリジェンヌ流ラーメンの食べ方とは?
・パリの本屋って客がくつろぎ過ぎだろ。
・蚤の市とゴミの境界線はどこか。
・パリのシャワーはなぜすぐ冷水になるのか?
・メトロの運転手はなぜ普段着なのか?

さらに、フランス第2の都市マルセイユ編も34枚収録!!

今回の描きおろしは「パリの書籍見本市」体験記35枚。 なんとフランス政府から招待されてしまったのです!!
大江健三郎ほか錚錚たるメンバーに囲まれ、セレブなパリで彼はどうなったのか?
ついにパリでセレブあつかい?








ヒストリエ

HITOSHI IWAAKI







あの『
寄生獣』書いた人です。

『ヒストリエ』 (HISTORIĒ) は、岩明均による歴史漫画。『月刊アフタヌーン』(講談社)において2003年3月号から連載され、2008年2月号までが第1部、以後が第2部となる。単行本はアフタヌーンKC(講談社)より2011年11月までに7巻が刊行されている。作者がデビュー前から構想を温めていた作品である[1]

2010年に第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞を[1]2012年に第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。
















などなどお店に置いてますのでいつでも見に来てくださ〜い!!!








大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2012.10.31 Wednesday

DONLONBOOKS.


Bonjour!





ロンドンのセンスのいい本屋さんです。





Donlonbooks


























































































http://www.donlonbooks.co.uk




http://fashionjp.net/wnext/london/ldn00043.html



















大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2012.10.30 Tuesday

Books

 

Bonjour!


recommend books

おすすめ本です。















HYPEBEAST


世界で最も人気のあるオンライン・ファッションマガジンのひとつ『Hypebeast (ハイプビースト)』が、2012年6月29日に初となる紙媒体『Hypebeast Magazine (ハイプビースト・マガジン)』を発行した。表紙にはDior Homme (ディオール オム) のアーティスティックディレクターで、自身の名を冠したレーベル Kris Van Assche (クリス ヴァン アッシュ) も手がける Kris Van Assche が登場。200ページの誌面でファッションのみならず、アーティストやミュージシャン、ライフスタイル・アイコンなどのインタビュー記事も掲載。3.1 Phillip Lim (3.1 フィリップ・リム) や Facetasm (ファセッタズム) などもフィーチャーされている。年4回発行で価格は12ドル (約1,000円)。Hypebeast Store (ハイプビースト・ストア) と全世界にある厳選されたお店で販売されている。




http://hypebeast.com

















昭和元禄落語心中


満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎。 娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。 昭和最後の大名人・八雲がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。 弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!?昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!


惚れ抜く八雲師匠の芸だが,オイラにゃできねぇ、気づき始めたこの与太郎。小夏の父ちゃん・亡き助六のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破門と言われた与太郎と、与太をかばう小夏の二人に、師匠が語る約束の噺たぁ……!? 与太郎放浪篇から八雲と助六篇へ。「長ぇ夜になりそうだ――」


昭和最後の大名人・有楽亭八雲が弟子の与太郎に語って聞かせる、亡き友・助六との約束の噺とは。貧乏どん底二人暮らしの菊比古(後の八雲)と助六。遊び暮らしてるのに冴えた芸をみせる売れっ子の助六に菊比古の焦りは募る。ところがそんな菊比古にも、芸の目が開く時やって来る。そしてついに二ツ目から真打へ。上り調子の芸とは裏腹に菊比古と助六の関係は変わっていく。また菊比古とみよ吉の間にも!? 八雲と助六篇波乱必至!













坂道のアポロン




1966年初夏、船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県佐世保市にある佐世保東高校[1]に転校してきた男子高校生・西見薫。

転校初日、バンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。

更に、薫は千太郎の幼馴染・迎律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香にと、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。









お店に置いていますので、是非読みに来てくださ〜い。










大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2012.07.24 Tuesday

Books.

 

読書の夏!


体と脳みそは筋肉である(笑)











デュシャンはニューヨーク・ダダの中心的人物と見なされ、20世紀の美術に最も影響を与えた作家の一人と言われる。コンセプチュアル・アート、オプ・アートなど現代美術の先駆けとも見なされる作品を手がけた。

デュシャンが他の巨匠たちと異なるのは、30歳代半ば以降の後半生にはほとんど作品らしい作品を残していないことである。彼が没したのは1968年だが、「絵画」らしい作品を描いていたのは1912年頃までで、以降は油絵を放棄した。その後、『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』、通称「大ガラス」と呼ばれる、ガラスを支持体とした作品の制作を続けていたが、これも未完のまま1923年に放棄。以後数十年間は「レディ・メイド」と称する既製品(または既製品に少し手を加えたもの)による作品を散発的に発表するほか、ほとんど「芸術家」らしい仕事をせず、チェスに没頭していた。なお、チェスはセミプロとも言うべき腕前だった。

彼のこうした姿勢の根底には、芸術そのものへの懐疑があり、晩年の1966年、ピエール・カバンヌによるインタビュー[2]の中でデュシャンは、クールベ以降絵画は「網膜的になった」と批判しており、「観念としての芸術」という考えを述べている[3]

「芸術を捨てた芸術家」として生前より神話化される傾向のあったデュシャンに批判的な声(ヨーゼフ・ボイスによる「デュシャンの沈黙は過大評価されている」など)もあったが、死後、ひそかに制作されていた遺作(『(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ』)が発表され、周囲を驚かせた。 墓碑銘に刻まれた「死ぬのはいつも他人ばかり」という言葉も有名。寺山修司が好んだとされる。










1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国によって分割統治されている。さらに、間にある紛争地域をめぐって絶えず戦争が繰り返されている。作品の舞台となるオセアニアでは、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、物資は欠乏し、市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョンによって屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。

ロンドンに住む主人公ウィンストン・スミスは、真理省の役人として日々歴史記録の改竄作業を行っていた。物心ついたころに見た旧体制やオセアニア成立当時の記憶は、記録が絶えず改竄されるため、存在したかどうかすら定かではない。スミスは古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、禁止された行為に手を染める。ある日の仕事中、抹殺されたはずの3人の人物が載った過去の新聞記事を偶然に見つけたことで体制への疑いは確信へと変わる。「憎悪週間」の時間に遭遇した同僚の若い女性、ジューリアから手紙による告白を受け、出会いを重ねて愛し合うようになる。また、古い物の残るチャリントンという老人の店を見つけ、隠れ家としてジューリアと共に過ごした。さらにウインストンが話をしたがっていた党内局の高級官僚の1人、オブライエンと出会い、現体制に疑問を持っていることを告白した。エマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書をオブライエンより渡されて読み、体制の裏側を知るようになる。

ところが、こうした行為が思わぬ人物の密告から明るみに出て、ジューリアと一緒にウィンストンは思想警察に捕らえられ、愛情省で尋問と拷問を受けることになる。彼は「愛情省」の101号室で自分の信念を徹底的に打ち砕かれ、党の思想を受け入れ、処刑(銃殺)される日を想いながら"心から"党を愛すようになるのであった。








これ、目から鱗的な感じで面白いです!

















大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2012.06.08 Friday

Books.



さ〜どれから読もうかな!?







 

幸福な王子The Happy Prince

町の中心部に高く聳え立つ自我を持った金箔の王子像が、あちこちを飛び回っていろんな話をしてくれるツバメと共に、さまざまな苦労や悲しみの中にある人々のために博愛の心で自分の持っている宝石や自分の体を覆っている金箔を分け与えていくという自己犠牲の物語。最後は、金箔の剥がれたみすぼらしい姿になった王子と、南に渡っていくチャンスを逃して寒さに凍え死んだツバメが残る。皮肉と哀愁を秘めた象徴性の高い作品。









サロメSalomé

新約聖書を元にした内容。フランス語で書かれ、1891年にパリで出版された。オーブリー・ビアズリーの挿画が使用されている。英訳したのは、ワイルドの同性愛の相手であるアルフレッド・ダグラス。内容の背徳性から、しばらく上演できなかった。

女優サラ・ベルナールのために書かれたと噂されるが、ワイルド自身はこれを否定している。




こないだのZepp NAMBAのモリシーMorrisseyのライブに行ったときの写真。
Morrisseyが何度も

「オオサカワイルド、オオサカワイルド、オスカーワイルド!!!」

って言ってましたね!!!






オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド
(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日- 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の、旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。









レ・ミゼラブル』(Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に書いた、ロマン主義フランス文学の大河小説である。



1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯が描かれている。作品中ではナポレオン1世没落直後の1815年からルイ18世・シャルル10世の復古王政時代、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代の最中の1833年までの18年間を描いており、さらに随所でフランス革命、ナポレオンの第一帝政時代と百日天下、二月革命とその後勃発した六月暴動の回想・記憶が挿入される。当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活も、物語の背景として詳しく記載されている。

主人公のジャン・ヴァルジャン(そしてジャヴェール)は、犯罪者と言われながらも、後にパリ警察の密偵となったフランソワ・ヴィドックがモデルだと想像される。また、マリユスは若き日のユーゴー自身が、コゼットは彼の妻アデール・フーシェと愛人のジュリエット・ドルーエ(Juliette Drouet)がモデルだと言われている。アンジョルラスは革命の大天使と謳われたルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストがモデルである。


ヴィクトール=マリー・ユゴーVictor-Marie Hugo、1802年2月26日- 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。

1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

一言でまとめるならば、「波乱に富んだ人生」である。作家としては大成功をおさめ、彼の名前と作品は名声と感動とともに今日まで残っている。しかし、政治家としての彼は逆境の連続であり、さらに幼少の頃から家庭生活は不幸の連続であった。












村上春樹 HARUKI MURAKAMI


1Q84

スポーツインストラクターの青豆は、とある老婦人の指示のもと、女性をDVで苦しめる男たちを暗殺する任務についている。彼女は人間の身体の微妙な部分を捉える優れた能力をもっており、首の後ろのあるポイントに細い針を突き刺すことで、心臓発作に酷似した状況で人間を殺害することができる。青豆がその任務に携わるようになった背景には、彼女の過去が関係している。

しかし、ある任務に携わったあたりから、青豆は自分がそれまでの現実とは微妙に異なった世界「1Q84年」にいるらしいことに気づく。

一方、予備校の講師として数学を教える天吾は、小説家を目指して新人賞のために小説を書きつづけている。応募していくなかで知り合った編集者の小松とも親しくなり、小松から無署名のコラム書きや新人賞応募作の下読みなどを任されるようになる。天吾は応募作のなかから、「ふかえり」という少女の書いた『空中さなぎ』という小説を見出し、小松に強く推薦する。小松は天吾に『空中さなぎ』をリライトして、文壇を見返さないかと持ちかける。

青豆と天吾は実は10歳の時に出会っているが、その後は交わることもなく離ればなれとなり、それぞれの孤独を抱えて生きるようになった。そんなふたりが1984年に、同じ「さきがけ」という宗教団体に関わる事件に巻き込まれていく……。

















大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。