Bonjour Inc. President,Vaselines hair and more chef / ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表 福地正幸のブログ「F's anthology」

ボンジュール(株)代表取締役 / 美容室ヴァセリンズ代表「福地正幸」のブログ
Masayuki Fukuchi's BLOB (Bonjour Inc. CEO / Vaselines hair and more chef)

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.05.07 Tuesday

Lock Artist(解錠師)




 Lock Artist  Steve Hamilton



解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スティーブ・ハミルトン


















Michael hit the headlines once before, a seven-year-old kid the papers called The Miracle Boy on account of how he survived the terrible incident that took his parents. But although his escape was miraculous, it left him unable to speak. Taunted as a freak, school becomes a fresh nightmare, until Michael discovers he has a special talent that makes people sit up and take notice: he can open locks. But a teenage prank, breaking into the house of a rival school's quarterback, lands him in hot water, and despite his best intentions, Michael soon finds himself on a downward slope that ends with expert instruction on how to open safes. And unless he agrees to put his newfound skills to use, the mob are going to kill the father of the girl he now loves. So begins an extraordinary life of crime - at once terrifying and exhilarating - while all the while, Michael plots how to turn the tables on his employer, win back Amelia, and find the key to unlocking his traumatic childhood memories.







このミステリーがすごい! 2013海外編
週刊文春海外ミステリーベストテン海外部門
第1位
八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くこと、そしてどんな錠も開くことが出来る才能だ。孤独な彼は錠前を友に成長する。やがて高校生となったある日、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり、芸術的腕前を持つ解錠師に……
非情な犯罪の世界に生きる少年の光と影を描き、MWA賞最優秀長篇賞、CWA賞スティール・ダガー賞など世界のミステリ賞を獲得した話題作










読書の春はまだまだ続きます!








大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2012.02.03 Friday

ミレニアム

 
ミレニアム

ドラゴン・タトゥーの女

















やっぱおもろい!


ジャーナリストであったラーソンがパートナーの女性エヴァ・ガブリエルソンと執筆した[1]処女小説にして絶筆作品である。第2部までを書き終えた時点で出版社と連絡を取り契約、その時点で第5部までの構想があったというが、ラーソンは第1部の発売も、シリーズの成功も見ることなく、2004年心筋梗塞で急死した。ラーソンの死により、彼のノートパソコンには第4部の4分の3に相当する下書きが残されたが、パソコンを現在所持しているパートナーのガブリエルソンは結婚しなかったのがあだとなって彼の作品に関する権利を持たず、彼の意思も残されなかったため公表の目処は立っていないという[2]。なお、1巻分もしくは2巻分の概要もしくは草稿が残されている可能性があるという[3][4]

第1部の原題 "Män som hatar kvinnor" は直訳すると「女を憎む男」であり、シリーズ全篇を通して、女性への偏見・軽蔑・暴力がテーマとなっている。

本国スウェーデンでは、第1部が出版されるや大変な人気を博し、第1部の刊行から約3年でシリーズ合計290万部[5]を売り上げるベストセラーとなり、「読まないと職場で話題に付いていけない」と言われるほどであった[6]。また、フランスドイツアメリカをはじめ30カ国以上で翻訳され、全世界で800万部以上を売り上げた。日本語版の翻訳権は早川書房が独占しており、2008年から2009年にかけて出版された。訳者が複数名いるのは、まず岩澤・山田がフランス語版から翻訳を行い、これをヘレンハルメが原書と照らし合わせて修正を加えるという形を取ったためである。

第1部「ドラゴン・タトゥーの女」と第3部「眠れる女と狂卓の騎士」はスカンジナビア推理作家協会が授与するガラスの鍵賞[7]を、第2部「火と戯れる女」はスウェーデン推理作家アカデミー最優秀賞を受賞した。

第1部は映画化され、スウェーデン本国では2009年2月27日に公開された。公開日週末の観客動員数は17万人を超え、人口の少ないスウェーデンでは滅多に見られない盛況ぶりで、スウェーデン映画としては大成功といえる結果であったという[8]。第2部・第3部はテレビドラマ化のみの予定であったが、第1部の興行的成功により、映画用に編集した上で、テレビドラマに先行して第2部は2009年9月に、第3部は同年11月に劇場公開されることになった。テレビドラマ版は2010年2月より放映が予定されている。また、ハリウッドがリメイク版の製作に興味を示していると噂され[9]、2010年7月、デヴィッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ主演となることが決まった[10]













大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2011.09.15 Thursday

book.

 
30 Days to a More Powerful Vocabulary .












こっちでもお勉強。
















30日で終わるかな!?




















大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2011.09.14 Wednesday

Book.





スティーブン・キング


「アンダー・ザ・ドーム」






STEPHEN KING



UNDER THE DOME

















気になってた本。





















さ〜!

頑張ってよんでこか!!!






























あんがい、ぶっぶあついな。








大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2011.08.25 Thursday

BOOK.

 「パリでメシを食う」

川内有緒





食べ歩き系の話かと思ったら、、、、

パリに住む人達の話、勉強になリました。









三つ星レストランの厨房で働く料理人、オペラ座に漫画喫茶を開いた若夫婦、パリコレで活躍するスタイリスト。その他アーティスト、カメラマン、花屋、国連職員…パリにいつのまにか住み着いた日本人10人の軌跡。時にセーヌ川のほとりで、時にワインを片手に、彼らが語る軽やかでマイペースなパリでの暮らしぶりに、思わず肩の力がふっと抜ける好著。













大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2011.07.29 Friday

DECEMBER 8,1980

 












THE DAY JOHN LENNON DIED

1980年12月8日
ジョン・レノンのいちばん長い日

あの日、ジョン・レノンは順調な1日を過ごしていた。『ローリング・ストーン』誌の写真撮影に始まり、ラジオのインタヴュー、家族そろってのランチ、そしてスタジオ・セッションと、再スタートを切ったばかりのロック・スターとしてはこれ以上ないほどの完璧な1日だった―凶弾によって命を断たれるまでは。








先週、休みの日にお昼を食べにジンジャーエールのおいしいカフェに入ったら、

across the universe(アクロス・ザ・ユニバース)がずっとワンリピートでかかっていた。

何度も今まで聞いた曲なのに、その場の雰囲気とよく馴染んでいて、耳に心地良かった。

家に帰ってから耳コピしたらすごくいい感じだった。

歌詞はこれから勉強しようと思うけど、、、


そんな感じでジョンレノンが気になったので。







If I am in the delicious cafe of the ginger ale last week to eat lunch on an off day,
across the universe was about to be one repeat all the time.

I was good and was familiar with the atmosphere of the place many times though it was the music that I heard so far and was comfortable in an ear.

I was great, and it was said if I made ear copying after going home and was a feeling.

The text intends to study from now on,
Because John Lennon brought himself for such a feeling.



































大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。

2011.06.18 Saturday

Farewell,My Lovely

 

さよなら、愛しい人

レイモンド・チャンドラー

村上春樹訳



Farewell,My Lovely

Raymond chandler

Haruki Murakami

















この空気感、、、


とまらないっす。














刑務所から出所したばかりの大男、へら鹿(ムース)マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探しに黒人街の酒場にやってきた。しかし、そこで激情に駆られ殺人を犯してしまう。偶然、現場に居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらましたマロイと女を探して紫煙たちこめる夜の酒場をさまよう。狂おしいほど一途な愛を待ち受ける哀しい結末とは?読書界に旋風を巻き起こした『ロング・グッドバイ』につづき、チャンドラーの代表作『さらば愛しき女よ』を村上春樹が新訳した話題作。

















大阪・堀江の美容室「Vaselines」
⇒ブログ筆者「福地正幸」が経営する、大阪のお洒落エリア堀江にある美容室の公式サイト。